フラット35の技術基準はどうなっている?

フラット35は、自宅を購入する際に役立ちます。
申し込みは銀行、または信用金庫から行うのが一般的です。
申請する際には、銀行側から提示される様々な資料が必要。
なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですから銀行側は、年収と勤続年数を特に重点的に見て審査をします。
ですから、ローン申請は申し込めば必ず通る。
というものではありません。
不可。
という場合もあり得ます。
基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が、第一段階クリアの基準と言われています。
家の購入で初めに思う事は現金調達の事でしょう。
たいていの方は、銀行や信用金庫などから住宅ローンの申し込みをすると思います。
申請者は、一番稼ぎがある人でないといけません。
支払は最長35年間という非常に長い期間に及ぶこともあるので銀行側も何かリスクがあった時に備えて団体信用生命保険にも加入するように言われます。
この保険の意味は、申請者に万が一のことがあり支払不可能になった場合残った借金が0円になる。
という事で、残された家族にもありがたい保険です。
新しく家を購入するためにフラット35住宅ローンを申請したけど、残念ながら本審査で落ちたという方はいませんか。
次に紹介する以下の点をまずは確認してみて下さい。
年収が400万円以上であるかどうかこれが大きなポイントです。
それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。
過去に一回でも支払いが出来なかった方は、審査落ちになってしまう可能性がとても高いです。
どうしても結果に納得の出来ないという方は、再度過去の記録を見返すなどチェックしてみましょう。
問題なく融資を受けられるように今から準備をしておきましょう。